GIMP 2.10.18 のツール、3D変換を使ってみた

GIMP のバージョンが「2.10.18」となりました。どうやら「2.10.16」は公開されないままだったようで、「2.10.14」からのバージョンアップです。
バージョンアップではバグの改善の他、いろいろ機能面でも改良されたものと思いますが、一番最初に気づいたのはツールボックスの画面(ユーザーインターフェイス)が変わった事でした。ツールは関連するグループごとに整理されました。これで操作回数は増えますがツールボックスに表示されるアイコンが少なく見易くなりました。30-ツールボックス
ツールボックスには、新しく「3D変換」ツールが追加されています。このブログでは3D変換ツールを試してみました。

1.3D変換ルールを開く
変形変換ツールをグループ化したアイコン(ツール)を右クリックして、変換変形ツールメニューを表示し、「3D変換」をクリック
1-3D変形

2.3D変換ツールを使う
3D変換ツールを選ぶと画面内をクリックすると「3D変換」画面が開きます。この画面からXYZ軸の角度を変えることができます。先ず3D変換するレイヤーを選択しておいてください(レイヤーダイヤグラムで3D変換する画像のあるレイヤーを選んでください)。
2-3D変形

1)X軸の角度を変える(±20度変えてみました)
3-3D変形X4-3D変形X
2)Y軸の角度を変える(±20度変えてみました)
5-3D変形Y6-3D変形Y
3)Z軸の角度を変える(±20度変えてみました)
7-3D変形Z8-3D変形Z
4)ドラッグして3D変換
画面をドラッグしても変換することができます。
9-3D変形XYZ
5)キャンバスをレイヤーに合わせる
全体画像が大きくなって画像全体が表示されない場合は、メニューの「画像」から「キャンバスをレイヤーに合わせる」をクリックし全画像を表示させましょう。
10-3D変形Z

3.3D変換を試してみました
中央のメジロを3D変換したもの3個、文字に3D変換を行ったもの2個
21-3D変形例

カテゴリー: GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください