GIMP、明るい部分にグローを加えより華やかに( Bloom 機能)

GIMP 2.10.20 の「フィルター」には「証明と投影」の機能に「 Bloom 」が加わりました。「 Bloom 」はあるレベル以上の部分にグローを付加してより華やかに見せる画像加工です。補正をかけ過ぎると不自然になるのは「 Bloom 」でも同じです。
下図は「 Bloom 」の一例です。
20-比較Bloom

Bloom 加工を行う
1.Bloom 加工を起動
「フィルター」→「照明と投射」→「 Bloom 」と進むと「Bloom 」設定画面が表示されます。設定には既定値があり、常に規定値で開きます。

1-Bloom

2.Bloom 画面の設定
Threshold — どの明るさ以上にグローを付加するかを決めます。後は付加するグローの半径や強さなどを設定できます。
一番大事なことはグローを付加する レベル、Threshold レベルの設定です。なお画像処理にコンピュータがたくさんの計算をしているようで、画像表示までに少し時間がかかります。
10-2Bloom以下加工例です。分かり易くするため画面分割表示としました。
2-Bloom
4-2Bloom

グロー付加の実施結果(完成)
5-2Bloom

Facebook
2-Bloom

カテゴリー: GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください