Web サイトのショートカット作成(2)

先日、ブログ記事「Web サイトのショートカットをスタート画面に表示する」を投稿しました。その中では Windows 10の Edge では URL のドラッグ&ドロップしてのサイトのショートカットが作れなかったと書きました。しかし既定のブラウザで開く Webサイトショートカットは簡単に作れることがわかりましたのでブログにしてみます。
新たなフォルダをデスクトップ画面で作ることは日常やってましたが、デスクトップからは新たなショートカットも作れるのを見落としていました。この方法で作ったショートカットは常に既定のブラウザで開きます(IE、Chrome そして Vivaldi などで作った URL のショートカットは作ったブラウザで開きます)。
既定のブラウザを変えるとそのブラウザで開きますので、これは良い点だと思います。しかしこのショートカットはスター画面のタイルには表示できますが、タスクバーに表示することができないようです。このためどうしてもタスクバーに表示したい場合は、「ツールバー」を使う必要があります。
スタート画面

以下 Facebook サイトを例に、既定のブラウザで開くショートカットを作ってみます
1.サイトのURLをコピーする
Facebook サイトを開きURLをコピーする(これは新規に作ったWeb ショートカットの接続先として貼り付けるためです)。
1-shortcut

2.デスクトップにショートカットを新規に作成
デスクトップの何もない所を右クリックし、開いたメニューで「新規作成」→「ショートカット」
2-shortcut

3.ショートカットに URL を設定し、名前を付ける
「ショートカット作成」画面が開くので、「項目の場所・・・・」 へWeb サイトのURLを入力(貼り付け)。
続いてサイトの名称を書き込む(ここでは「FACEBOOK」とした)
3-shortcut 4-shortcut

作製されたFacebook サイトへのショートカット
5-shortcut

4.ショートカットのアイコン画像を見易いものにして、スタート画面として登録
以下はブログ記事「Web サイトのショートカットをスタート画面に表示する」と同じなので省略します
6-shortcut 7-shortcut

8-shortcut

———————————

スタート画面

カテゴリー: ブラウザ, Edge, Windows10 | タグ: , | コメントをどうぞ

Windows10の Creators Update を実行してみた

なんかわからんけど「Windows10 Creators Update 」がダウンロードされていたので実行してみた。
私にとっては何が良くなったのか全然実感がないが(多分携帯用OSとの整合性改善が目的?)、パソコン設定などを「すべての設定」に一元化する方向らしいことは感じられた。例えばコントロールパネルがより深い位置に隠されている。

Creators Update 後のコントロールパネルの起動

今までのWindowsキー右クリックからの起動がなくなった。
「すべてのプログラム」や「コルタナ」からは以前と同様に開けます。
16-Update後

「すべての設定」の設定項目が増えた

4月12日アップデート後                     Creators Update 後
14-ontl 17-Update後

バージョン情報
13-ontl 15-Update後

4月12日アップデイト後のコントロールパネルの起動

1.Windowsキーを右クリックして開く
10-ontl

2.すべてのプログラムから開く
11-ontl

3.コルタナから開く
12-ontl

カテゴリー: Windows10 | タグ: | コメントをどうぞ

エクスプローラの「送る」からの送り先を追加する

Windows ではエクスプローラからファイルやフォルダを簡単に移動できます(起動もできますが、ファイルの種類などをチェックしないで起動してしますので、使わない方が良いと思います)。
操作は簡単、該当するファイルやフォルダを右クリック、表示されたメニューの「送る」から移動(コピー)先を選ぶだけです。便利なので使われている方も多いと思います。
例えばファイルのショートカットをデスクトップへ作るには、、、、、
9-例-Sendto

写真をメールへ添付して送るには、、、「メール受信者」から
1-右クリック送る

既定のメーラー(私は outlook 2013)が起動し、写真を添付した新規メール作成画面が開きます
2-右クリック送る


ではこの「送る」へ送り先を追加してみましょう

送り先は「 Sendto 」フォルダへ入ってます。ここへ新たな送り先フォルダ(ショートカット)を追加するだけで送り先が追加できます。
「Writer3画像」フォルダを送り先へ登録してみます(「Writer3画像」フォルダは私が書いたブログの画像などを保存している場所です)。

1.Sendto フォルダを開く
エクスプローラを開き、アドレスバーへ「 shell:sendto 」と書き込めば、「 Sendto 」フォルダが開きます。
3-Sendto

4-Sendto

2.「Writer 画像3」フォルダのショートカットを Sendto フォルダへ追加する
1)デスクトップへ「Writer 画像3」フォルダのショートカットを作る
「Writer 画像3」フォルダの入っている場所を開き、「Writer 画像3」フォルダを右クリックして「送る」から「デスクトップへショートカット作成」
5-Sendto

2)「Writer 画像3」フォルダのショートカットを「 Sendto 」フォルダへ入れる
デスクトップの「Writer 画像3」フォルダのショートカットを、エクスプローラで開いている「Sendto 」フォルダへドラッグ&ドロップする
6-Sendto

3.ブログ作成で使った画像フォルダを「Writer 画像3」フォルダへ送る(保存する)
ブログ作成時、私はデスクトップへそのブログ用の画像フォルダを作っています。ブログを作成した後はこのフォルダを「Writer 画像3」フォルダへ保存します。今回のブログ用の画像フォルダは「「送る」へ登録」フォルダでしたので、これを「送る」から送ってみます。
7-Sendto

8-Sendto

カテゴリー: Windows 8, Windows10 | タグ: | コメントをどうぞ

Web サイトのショートカットをスタート画面に表示する

Windows 10はタスクバーのほかスタート画面(タイル)からアプリやサイトを開くことができます。
よく利用する Web サイトはここへ表示しておくと便利です。
スタート画面(タイル)へWeb サイトを表示してみましょう。
19-start画面

しかしスタート画面へのショートカットの表示は、ブラウザにより難しいものがあります(私は Edge などでは現在できてません)。Google Chrome、Opera、Vivaldi はできました。またインターネットエクスプローラ(IE)では画像の変更ができませんでした。
20-start画面

以下、Google Chrome をブラウザとして、スタート画面へサイトのショートカットのアイコン画像をわかり易いものに変更して登録してみます

1.Web サイトのショートカットをデスクトップへ表示
登録するサイトを開きショートカットをデスクトップへ作成
10-start画面

2.ショートカットアイコンの画像を変更
デスクトップに表示されたショートカットを右クリックし「プロパティ」を開く。
開いたプロパティ画面の「Web ドキュメント」タブで、アイコンの変更をクリック。
アイコンの変更画面が開き、ここからシステムで用意しているアイコンへ変更できる。しかし自分で作成したアイコンを使いたいときは「参照」からエクスプローラを開いて選定する。アイコンはGIMPで作成できます。
11-start画面 12-start画面

アイコンが選択、表示されるので「OK」「OK」。
13-start画面 14-start画面

デスクトップのWeb サイトアイコン画像が変更される。
15-start画面

3.スタート画面へ Web サイトショートカットを登録
スタート画面へ表示されるものは次のフォルダへ保存されているようです。
「 Window → ProgramDate → Microsoft → Windows → スタートメニュ → プログラム」

従って画像を変更したショートカットをここへ入れればOKとなります。これは管理者権限で行う必要があります。
16-start画面

スタートメニューへ表示されます。後はスタート画面(タイル)として表示します。17-start画面 18-start画面

タイル上の適当な位置へ移動、また必要ならグループ名を付けて完成
21-start画面

カテゴリー: ブラウザ, Edge, Edge, Google Chrome, Opera | タグ: , | 2件のコメント

LibreOffice、差し込み印刷ではがきの宛名をやってみた

このブログは LibreOffice Writer と Calc ではがきの宛名書きをする方法について書きました。
私は MS Office をずっと使ってきたので、データベース Access を住所録管理や備忘録(日記&こづかい帳)に使ってきました。従って年賀状などの宛先印刷も住所録管理で行ってきました。
<下図は住所録管理で「井上」で検索表示した私の個人情報>Access<備忘録、年月日(2017/3/23)での検索表示(日記 と こづかい帳 の合体表示)>
備忘録
しかし仕事をやめると MS-Office が必要なことは殆どなくなった(ワードやエクセルも含めて)。それに Office は値段が高いので、特に Access まで含めると、2016に買い替えるのはたいへん、ただサポート期間もあるし、、、と迷っていました。office サポート

鈍い私も気が付きました、たとえ私の寿命が後6年以上あったとしても買換えは無駄、LibreOffice で「はがきの宛名印刷」ができればそれで事足りると(年賀状が出せればOK)。また Base で Access と同じことをさせる元気は起こらないだろう、、、、、、、でも多分、日記とこづかい帳の備忘録は2013が使えるまで、で十分だ。


「LibereOffice Writer と Calc ではがきの宛名印刷」

1.住所録データを Calc へ取り込む
私の原データは Access にあるのでクエリーで必要部分のデータを作り、エクセルファイルとして出力。
エクセルファイルを Calc で読み込み、名前の後に「様」を付けたり、郵便番号を3桁と4桁に分けるなど、データ差し込み印刷の便を考えて加工をしました(式6とかコメントの項目名は流用したクエリーにあった項目の除外忘れです、ずぼらで Calc に取り込んでも変えなかった)。
Calc宛名ファイル

2.Writer ではがきサイズの画面を作る
Writer を起動して(普通はA4サイズが開く)、メニューの「書式」→「ページ」と進み、「ページスタイル設定」画面を開く
1-ページスタイル

1)「ページ」タブで「はがき」サイズに変える
用紙サイズ、印刷の向き、余白を設定
10-ページスタイル

2)背景、外枠、段組みの設定
背景はなし、外枠なし、段組みは1段、行数と文字数の指定はなし
11-ページスタイル 12-ページスタイル14-ページスタイル 13-ページスタイル

印刷用スタイルが完成
15-ページスタイル

3.背景として「はがき」画像を入れる
背景にはがき画像を入れることで郵便番号などを挿入位置を簡単に決められるようにしました。
1)はがき画像を挿入
メニューの「挿入」から「画像」と進み、開いたエクスプローラ画面でスキャナーで取り込んだ「はがき」画面を選択
16-ページスタイル

2)挿入した画像を背景に設定
はがき画像が印刷スタイル用紙に張り付いたので(緑の四角八個表示状態で)、右クリックするとドロップダウンメニューが表示される。「折り返し」を選択し更に表示されたメニューから「背景に」をクリック
17-ページスタイル

背景にはがき画像が設定された
18-ページスタイル

4.郵便番号差し込み枠を設定
送付先の郵便番号は正しいサイズで決められた位置に記入したい、このためフレームを設定しました。
1)枠(フレーム)作成
メニューから「挿入」→「フレーム」→「Frame Interractively 」と進む
100-郵便番号枠

カーソルが十字になるので、郵便番号3桁部分にドラッグして枠を作る
101-郵便番号枠

2)枠の書式を設定
枠に仮の数字(ここでは「123」とした)を入力し、フォントをメイリオ、サイズを26とする
20-郵便番号枠

① フォントと文字間隔など設定
123の文字を選択して右クリック、表示されたメニューで「文字」をクリック。文字のプロパティ画面が表示されるので、「位置」タブで文字間隔を2~2.5pt 程度に設定
21-郵便番号枠

② 枠の書式設定
枠を選定し右クリック。表示されたメニューで「Object」を選定。
「枠」設定画面が開くので、「外枠」タブで外枠はなしにする
22-郵便番号枠

以下の画面ではいちいち「OK」を押しているが、設定を変えた後タブを切り替えて必要な設定し、全部設定した後で「OK」で決定できる。背景は「白」、透過率は50%程度とする。
23-郵便番号枠 24-郵便番号枠

郵便番号3桁枠完成
25-郵便番号枠

3)郵便番号3桁枠をコピーして4桁枠を作成
3桁枠をコピーして貼り付け。枠を4桁に拡げ、はがきの4桁位置に合わせ、数字を入力して4桁にする(「1234」)
26-郵便番号枠 28-郵便番号枠

4)郵便番号枠の仮の数字を消す
郵便番号枠は差し込みデータが書き込まれる場所なので仮の数字は消しておく必要があります。
3桁枠、4桁枠とも、それぞれ仮の数字を選択し消去。
44-郵便番号枠 45-郵便番号枠

5.送り元の郵便番号を入れる
発送元の郵便番号は固定で差し込み印刷する要はないのでテキストボックスで作成。
フォントはメイリオ、サイズは16。文字間隔は「位置」タブから設定、「1.0」 pt  程度に、、、
40-郵便番号枠 41-郵便番号枠

42-郵便番号枠 43-郵便番号枠

6.郵便番号枠への差し込みデータ設定
1)差し込み用データファイルを設定
先ず郵便番号3桁枠をクリックして選び、メニューの「挿入」から「 Field 」、更に「他のフィールド」クリックし、データファイルを選ぶ「フィールド」画面を表示させます。タブは「データベース」です。
次に差し込みデータのある Calc ファイルを探すため「検索」をクリック
50-郵便番号枠

エクスプローラ画面が開くので、該当するデータファイルを見つけて「開く」
51-郵便番号枠

2)郵便番号枠へ郵便番号フィールドを設定
「フィールド」画面で、追加されたデータベースを展開して、郵便番号3桁へ差し込むフィールド(ここでは「郵便1」)を選び 「挿入」。郵便1がセットされます。
52-郵便番号枠 55-郵便番号枠

同じように郵便番号4桁にも差し込みフィールドを設定
56-郵便番号枠

3)郵便番号枠へフィールドデータを差し込む
メニューの「表示」から「データソース」をクリック。メニュー画面の下へに新たなメニューとフィールドデータが表示される。
表示させるデータをクリックして選択し(ここでは一番最初のデータを選んだ)、追加表示されているフィールドデータメニューの「データからフィールドへ」をクリックすると当該データの郵便番号が差し込まれる。
57-郵便番号枠

58-郵便番号枠

差し込みフィールドデータやそのメニューを非表示とするには、メニューの「表示」をクリックして再度「データソース」をクリックすれば良い。なお一旦データソースからデータを挿入すると項目名には戻らず、差し込まれたデータが表示されたままとなるが実際上は何等の支障はない。

7.住所や宛名などの挿入
1)フィールドの設定
はがき画面で住所を流し込むところへカーソルを移動
59-郵便番号枠

メニューの「挿入」→「 Field 」から「他のフィールド」を選び、フィールドデータ項目を表示させる。
差し込むフィールド(ここでは住所1)を選び、「挿入」をクリック
60-郵便番号枠

住所データ1が指定の位置に入った。続いてフォントとそのサイズを設定する。
61-郵便番号枠 62-郵便番号枠

同様に、住所2と宛名(ここでは式6)と併記する宛名(ここではコメント)を設定し、フォントとフォントサイズも設定する。
63-郵便番号枠

2)送り先住所などへフィールドデータを流し込む
方法は先に郵便番号データの流し込みと同じ。
メニューの「表示」から「データソース」をクリック。メニュー画面の下へに新たなメニューとフィールドデータが表示される。
表示させるデータをクリックして選択し(ここでは宛名に併記のある人を選んだ)、フィールドデータメニューの「データからフィールドへ」をクリックすると当該データの宛名、住所などが差し込まれる。
64-郵便番号枠

8.背景の削除
背景にはがき画像をセットして差し込み位置の調整を行ったが、実際の宛名印刷では不要なものなので背景はなしにする必要があります。
はがき画面で背景を選択し(緑色の隅表示が出た状態)、右クリックして「切り取り」
70-便番号枠 71-便番号枠

9.はがきの印刷
印刷する代わりにファイルとして書き出してみます(まとめて書き出すことも範囲を指定して書き出すこともできます)。
メニューの「ファイル」から「印刷」。表示された「差し込み印刷」画面で、すべてのデータファイルとして、単一ファイルの形でデスクトップへ書き出しました。
72-便番号枠

書き出す場所は「デスクトップ」、ファイル名は「印刷テストファイル」
73-便番号枠 74-1-便番号枠

書き出された
75-便番号枠

カテゴリー: Calc, LibreOffice, Writer | タグ: , , | コメントをどうぞ

メモリー暗号化を無効にする( BitLocker )

今やパソコンはネットワークを活用することなしには十分な利用ができない時代となってます。
そして各種サービスを利用するには個人を特定する認識IDとパスワードが必要です。
私でもID&パスワードは80を超えています(パスワードの使い回し=同一パスワード使用=はセキュリティ上最悪の対応です)。今やIDとパスワードの管理はパソコンを使う人の重大問題と思います。
私はエクセルで各種ID&パスワードの管理を行っていますが、そのファイルの保存先(読み出し)は BitLocker で暗号化したUSBメモリーで行っています
これにより外出先でもパスワードを必要に応じて確認できますし、万が一USBを紛失などしても他の人から簡単に見られることはないと思います。

このブログでは何らかの理由でUSBの暗号化を止めたい場合に、BitLocker の暗号を無効化する方法について書きます(もちろん BitLocker の暗号化を解除した状態からの操作でのみ暗号無効化が可能ですから、USBを拾った人が無効化できるわけではありません)。

1.BitLocker で暗号化したUSBの暗号を解除する
暗号化したUSBをパソコンに接続し、パスワードで暗号化ロックを解除してアクセス可能とする
11-BitLocker解除

2.コントロールパネル、BitLocker 管理画面から暗号化を無効とする
無効化するUSBを右クリック、開いたメニューから「 BitLocker の管理」をクリック。開いた「 BitLocker ドライブ暗号化」画面で、解除するドライブの「 BitLocker を無効化する」をクリック、
100-BitLocker解除

無効化が始まる
2-BitLocker解除3-BitLocker解除

暗号化が無効化された
44-BitLocker解除

カテゴリー: エクセル, BitLocker | タグ: | コメントをどうぞ

GIMP、額縁を作る三つの方法

写真や絵などは額縁に入れると見栄えが良くなります。
GIMP でもプラグインやスクリプトの助けを借りると簡単に額縁を作ることができます。しかしGIMP を使い始めてから7年になるので、導入している Script や Plug-in はいつ、どのサイトから入手したのかわからなくなっているものが多く、額縁もその例にもれず、人様に説明できるような整理がついていません。このブログではわかる範囲で、GIMP での額縁の作り方について書いてみます(ずうずうしくも)。

以下の3つの額縁は、GIMP でそれぞで異なる方法(Script)で作成したものです。
F2Script-Fu-桜-1 (2) GMIC-枠
Picture Frame                G’MIC
装飾-枠追加             フィルタ→装飾→枠の追加

1.基本として組み込まれているフィルターを使う方法(上図下段の額縁)
(多分)GIMP をインストールすれば使うことのできるものです。
メニューの「フィルター」から「装飾」→「枠の追加」と進み、「Script-Fu 枠の追加」画面で、縦横の枠の幅と立体感を設定すればOKです。
14-基本

15-基本

2.G’MIC のプラグイン(Plug-in)を使う方法
G’MIC は400 種類以上のフィルタが使えるようになるプラグインです(私には多すぎてわきゃわからないものが沢山です)。
1)G’MIC ダウンロード・インストール
「G’MIC」で検索し、大元のサイトを表示する。大元のサイトなら常に最新版になってますし、余計なアプリをダウンロードする可能性が低い。サイトが開いたら「Download 」から「G’MIC plug-in for GIMP」をクリック
40-G'MIC ダウンロード 41-G'MIC ダウンロード
使用しているパソコンに合わせてファイルをダウンロード
42-G'MIC ダウンロード

ダウンロードされたファイルはインストーラー(exe)と本体(Zip)のファイルの二つ。
インストーラーを起動して組み込む。
3-G'MIC ダウンロード

2)G’MIC の「Flames」→「Frame[painting]」から額縁を作る
G’MIC がインストールされると、メニューの「フィルタ」に「G’MIC」が追加される。
ここから「G’MIC」をクリックすると「Avalable filters」画面が開くので、「Frames」の各項目を表示させ「Frame[painting]」を選ぶ。画面右側が額縁を設定する画面となる。
5-G'MIC -Frame

額縁は「Smoothness」で変えられる
6-G'MIC -Frame

作成した額縁の例
GMIC-枠 桜イメージフレーム付

3.Script-Fu の「Edges」→「Picture Frame」を使う方法
これが一番よくわかりません。
最初はどこで入手したのかわかりませんが、現在は「GIPMHELP.ORG」のサイトの「Scripts」から入手できるようです。
1)ダウンロードとインストール
「GIPMHELP.ORG」のサイトは、2015年10月24日以来更新されてないようです。50-SCM-Frame

「Scripts」をクリックし、表示されたメニューで「Edges」→「Picture Frame」
51-CM-Frame

「Script-Fu –>  Edges – Picture Frame」のページが開く。
20-SCM-Frame

ページの最後近くにダウンロードするスクリプトが置かれている
25-SCM-Frame 53-CM-Frame

21-SCM-Frame

Crown-Moulding-01.ggr というグラデーションが必要らしいが、どこにあるかわからない。このグラデーションなしでも一応額縁はできる。
54-CM-Frame

ダウンロードされた。
55-CM-Frame

後はこのファイルをGIMPの「Script」フォルダへ入れるだけ。
GIMPを再起動するとPicture Frame の Script が読み込まれる。
56-CM-Frame

2)額縁を作る
最初に述べたようにScript 類は数年前にインストールしているので、メニューに「Script-fu」をどの「Plug-in 」で表示させたのか記憶がありません。
picture-frame スクリプトを入れるだけで、メニューに「Script-fu」も含めて表示されるのか、少し疑問があります(ごめんなさい、まだ確かめていません)。
メニューの「Script-fu」から「Edge」→「Picture Frame」と進んで、「Script-fu Picture Frame」画面で額の幅や色を設定、「OK」で額縁ができます。
60-CM-Frame

61-CM-Frame

Edge 額縁完成桜イメージ

カテゴリー: GIMP | タグ: , , , | コメントをどうぞ

Open Live Writer から投稿済のブログを修整する

この記事は「Open Live Writer 」で投稿した記事を、「Open Live Writer 」を使って修整する方法を書いてみます。 この方法は HTML を使うことなしに、また投稿を取り消すことなく簡単に修整できます。
「Open Live Writer 」へ取り戻して修整するのは、ブログサーバーにてHTMLで行うよりもはるかに簡単で、また写真サイズを変更しても(大きくしても)画質が劣化することはありません(「Open Live Writer 」へ画像を入れる場合は縮小することなくそのまま入れると良いと思います、ちょうどワードへ写真を入れるときと同じです)。

では下図のように2枚の写真がきれいに並んでなく、大きさが揃ってない投稿記事を「Open Live Writer 」から修整することをやってみます。
修整したい投稿

1.「Open Live Writer 」へ投稿記事をダウンロードする
「Open Live Writer 」を開いて、メニューの「ファイル」から「Open recent post」の右側の「▶」をクリックし、修整したい記事を選びます。
ブログを取り込む

記事が「Open Live Writer 」へ読み込まれます。後は作成時と同じ要領で修整します。
記事が取り込まれた

2.記事を修整
1)写真の上下左右の余白調整
写真を選んで(ここでは左側写真)メニューの「Picture Tools」をクリック。底(Bottom)の数値を変える(ここでは「0」に)。
レベル差を補正

2)写真サイズ変更
画像サイズを変更したい写真を選んで、隅をドラッグしてサイズ変更
サイズ変更

3.再投稿
修整が終われば「Home」リボンの「Publish」をクリックして投稿開始。ブログが上書きで修整されます。
再投稿

ブログが修整されました。簡単です。
修整完了

<その他>
多くのブログサイトを運用している場合の「Open Live Writer 」への記事取り込み
沢山のサイト(Wordpress、Blogger、Live door、FC2など)へ投稿していたり、昔の記事を修整する場合の取り込みは、ブログサイトを指定して行うことができます。
メニューの「ファイル」から「Open recent post」をクリックすると「Open」画面が開きます。ここで修整する記事のあるブログサイトを選ぶとそのサイトから記事一覧が読み込まれます。
ブログを取り込む-2

取り込みが終わると「Open」画面には指定したブログサイトの記事一覧が表示されますので、ここから「Open Live Writer 」へ取り込む記事を選択できます。
ブログを取り込む-3 ブログを取り込む-4

カテゴリー: ブログ, Wordpress, Writer | タグ: | コメントをどうぞ

ブラウザ(IE、Google Chrome、Opera )の表示フォントを メイリオに変える

Web ページを見るとき、どんなフォントを見易いと感ずるかは人それぞれと思いますが、私は「メイリオ(Meiryo)」が好きです。
インターネットエクスプローラ(IE)、 ChromeOpera について表示フォントをメイリオに変えてみました( Edge には現時点ではフォントを変える設定はないようです)。
Yahoo のトップページで確認してみましたが、IEと Chrome についてはメイリオで表示できましたが、Opera では変更できませんでした。もっとも私のブログを見ると、 Opera でもフォント設定を変えるとチャンと反映して表示されます。Opera でもそれなりの機能はしているようです。
Google Chrome で確認
50-Chrome 比較

インターネットエクスプローラで確認
51-IE 比較
a

以下各ブラウザでのフォント設定について

1.インターネットエクスプローラ
メニューの「ツール」から「インターネットオプション」を開きます。
開いたインターネットオプション画面で「全般」タブで「フォント」クリック、「フォント」画面が開きますので、先ず「言語セット」が日本語であることを確認し、「Webページフォント」で「 MeiryoUI 」を選び「OK」。
1-IEメイリオ

次にインターネットオプション画面、「全般」タブで「ユーザー補助」をクリック、開いたユーザー補助画面で「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェックを入れ「OK」
3-IEメイリオ

2.Google Chrome
Google Chrome では設定のカスタマイズからフォントを変更できるようになっていますが、
「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」の設定することができないようです。それで拡張機能を追加して、これにより強制的にフォントをメイリオに変えるようになっています。
先ず強制メイリオの拡張機能の導入から。
縦三点マークからメニューを表示し「設定」。
開いた設定画面で左側ペインにある「拡張機能」を選び、「他の拡張機能を見る」をクリック。
10-Chromeメイリオ 20-Chromeメイリオ

Chrome ウェブストアが表示されるので「メイリオ」と入力して検索
22-Chromeメイリオ

メイリオに関連する拡張機能が表示される。ここでは3番目のものを CHROME に追加した。
確認画面で「・・・・追加」をクリック、Chrome に拡張機能が追加される。
23-Chromeメイリオ

設定の拡張機能画面をみると「メイリオ固定&フォントアンチエイリアス強化」が追加されている。
24-Chromeメイリオ

以上でChrome で表示するWebサイトのフォントはメイリオ表示となるが、 Chrome にもウェブ画面表示のフォント設定機能があるので参考のために書いてみます。
設定画面で「詳細設定」を表示させます。
11-Chromeメイリオ

「ウェブコンテンツ」の項目にある「フォントをカスタマイズ」をクリックすると、フォント画面がありますのでここからフォントを変更できます。
12-Chromeメイリオ

3.Opera(オペラ)
前掲の Chrome のフォント設定と同じようにウェブコンテンツのフォント設定はできますが、「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」という設定はないようです。また拡張機能にも強制的にメイリオで表示させるものは見つけられませんでした。よって Yahoo メニュー画面などではWebサイト側のフォントでの表示となります(私の無料の WordPress.com ブログはOpera で設定したフォントで表示されます)。
フォント設定は「ウェブサイト」の設定で行います。
画面左側のマークメニューの歯車(設定)をクリックしますが、メニューに設定(歯車)がない場合は下図を参考に設定(歯車)をマークメニューに表示させてください。
4-Operaメイリオ

開いた設定画面の左側ペインから「ウェブサイト」をクリック
5-Operaメイリオ

表示設定から「フォントのカスタマイズ」をクリックしてフォント設定を行います。
6-Operaメイリオ

7-Operaメイリオ

フォントサイズも設定できます。
8-Operaメイリオ

Opera でフォントを変え、私のブログを表示してみました。
52-Opera 比較

カテゴリー: ブラウザ, Edge, Google Chrome, Internet, Opera | タグ: , , | コメントをどうぞ

GIMP、パターンを作る

GIMP では自分で作った画像をパターンとして登録・使用することができます。
パターンは壁紙など背景画として利用できます。
下図はパターンを使った壁紙の例です
パターン作成例-3 sakura pattern sakura pattern-2

パターンの具体的な使用例としては、、、めくり効果と組み合わせてみました。
壁紙-オアシス-パノラマ写真


では本論に戻り、パターンを作成してみましょう。

1.パターンの元なる画像を作る
画像サイズは作り易い大きさが良いです。最終的には適当な大きさへ縮小して使えば良いのでサイズにはこだわりません。ここでは300×270のエイリアンみたいな画像を作りました(GIMP で作って良いし、Inkscape みたいなベクター系のお絵かきソフトで作って、GIMP へ読み込む方法もあります)。
1-元画像

2.パターン画像の作成
パターンの画像はお絵かきソフトで作ったものをそのままパターンとしても良いのでが、ここでは元絵を4枚組み合わせてパターンとします。このような画像とすることで、GIMP におけるパターン塗りでパターンがどのように組み合わされて行くのかが理解し易いと思います。
1)パターン用キャンバスを作る
パターン元絵を並べてパターン画像つくるためのキャンバスを開く
11-背景用紙に元絵を貼り付ける

作成したキャンバスにガイド線を表示して、元絵を並べやすくする。
ガイド線は元画像のサイズ 300×270を並べるための間隔とした。
なおこのときガイド線表示と、ガイド線への画像のスナップを有効にしておく。
10-背景用紙に元絵を貼り付ける 29-背景用紙に元絵を貼り付けるガイド線表示の230は320の間違いです)

2)元絵をガイド線を基準に貼り付ける
パターンの中心となる位置に元絵を貼り付ける。画像はガイドにスナップするので正確に貼り付け易い。
12-背景用紙に元絵を貼り付ける

元絵を同様に4個貼り付ける。これがパターンの中心となる。
貼り付けで作成された各レイヤーにわかり易い名前を付けておくと操作し易い。
13-背景用紙に元絵を貼り付ける

3)貼り付けた元絵の色を変える
4個配置されたそれぞれの元絵の色と変えて変化を作る。
ここでは右上の画像の色を変える。ツール「ファジー選択」で胴体部分の黄色をクリックして選択し、別の色で塗る(青色とした)。
14-背景用紙に元絵を貼り付ける 15-背景用紙に元絵を貼り付ける

同様に目の部分を(赤)選択し、黄色を塗り黄色の目とする。
右目も同様に黄色とする。
16-背景用紙に元絵を貼り付ける 17-背景用紙に元絵を貼り付ける

18-背景用紙に元絵を貼り付ける

同じ操作を繰り返し、4枚の絵の色を変えた
19-背景用紙に元絵を貼り付ける

このままでも良いが右上の絵を回転させて変化を持たせた
20-背景用紙に元絵を貼り付ける21-背景用紙に元絵を貼り付ける

4)パターン画像を更に加工(パターンの隙間を減らすため)
左下の緑の画像をコピーして右上隅に貼り付ける(ガイドにスナップ)31-パターン作成

レイヤーに「右上隅」と名前を付け、またレイヤーの位置ずれを防ぐため連結する。
同じように右下の画像は左上に、左上の画像を右下に、右上の画像は左下に、ガイドに沿って貼り付ける。
32-パターン作成 33-パターン作成

5)更に加工(左右の端、上下の端にも画像を貼り付け表示させる)
右下の黄色の画像を右端に貼り付ける、貼り付けは画像の中心にクロス(十字)マークが出るので、キャンバスのガイド線のクロスした場所に貼り付ける。
同様に左端にも黄色の元絵を貼り付ける(この左右の画像はパターンとして塗られたときに一体となり表示される)。
34-パターン作成 35-パターン作成

36-パターン作成

同様に赤の元絵を上下の端にも貼り付ける
40-パターン作成

6)画像を切り抜いてパターン画像とする
貼り付けた範囲、ガイド線で言えば、横は0から1280の範囲、縦は0から1120の範囲で切り抜く。
41-パターン作成

44-パターン作成

7)画像をパターンサイズに縮小
作成した画像を縮小してパターンとして書き出し保存します。どの程度にするかは悩ましい問題ではありますが、ここでは300×263としました。パターン画面サイズは、普段使う画像画面サイズの10分の1以下の大きさが良いのではと思います。
45-パターン作成 46-パターン作成

3.パターンファイルの格納
1)パターン画像としてエクスポート
最終的にはGIMP のパターンフォルダに格納する必要がありますが、ここではデスクトップへパターンファイルとして、エクスポートしました。パターンファイルの説明はパターンを確認するとき役立ちますので、きちっとご記入ください。
54-パターン作成

2)パターンフォルダへ格納
デスクトップにエクスポートされたパターンファイルをパターンフォルダ( patterns )へドラッグ&ドロップで入れます。
パターンフォルダはユーザーの「 .gimp-2.8」フォルダにあります。
56-パターン作成57-パターン作成

4.GIMP へ新規 パターンの読み込み
開いているGIMP 画面からパターンファイルの再読み込みを行います(GIMP を再起動しても読み込まれます)。
新規 パターンの読み込みには関係ないんですが、先ずパターンで塗るためのキャンバスを新規に開きました。ここでは1600×1200の白いキャンバスを作りました。
58-パターン作成

いよいよGIMP へ新規 パターンを読み込みます。
メニューの「ウィンドウ」で「ドッキング可能なダイアログ」として表示される「パターン」から再読み込みが行えます。読み込んだパターンの確認は作成時に記入した「パターンの説明」で確認できます。
60-パターン読み込み  61-パターン読み込み

5.新規パターンで塗る
では白のキャンバスに新規のパターンを塗ってみます。
62-パターン塗りつぶし

1600の画像ではパターンの模様が少し荒いですかね、、、、
63-パターン塗りつぶし

キャンバスサイズを変えた場合のパターン模様
画面サイスに対するパターンの見え方

私の場合はGIMPでの画像加工は4000サイズ以上のカメラ精細画像で行ってますので、まあまあの模様となります。
GIMP などで画像加工をするときはできるだけ大きなサイズ、圧縮されたない画像で行うことが望ましいと思います。
切抜きを行う場合を例にとれば、生じる画像範囲選択の誤差は大きな画像で操作しても小さな画像でも行っても同じと思います。しかし大きな画像であれば、必要サイズに縮小すると誤差もまた同じ割合で縮小されますので、より目立たなくなります。

壁紙-オアシス-パノラマ写真

カテゴリー: GIMP | タグ: | コメントをどうぞ