ワード文書にエクセルの数値データを差し込むには

ワードの文書へエクセルデータを差し込むことは、年賀状作成などで多く使われます。この場合は文字データの差し込みで問題ないのですが、金額など数値データを差し込むことを試してみました(Office2010を使用しています)。
結論からいうと金額など数値の単位などをセル書式設定(ユーザー定義など)で行ったものは反映されますが、それ以外のセルの書式設定は引き継がれないようです。14-sasikomi

なお、普通に差し込み操作をすると、数値データは数値として差し込まれてしまい、
見づらいものとなります。
(エクセル数値データを普通に差し込んだ例)16-sasikomi

【エクセル数値データをエクセル書式で差し込む】

順序は
1.数値など書式設定データが引き継がれる設定(ファイル形式変換)にする
2.ファイル変換方式を選定
3.差し込み文書作成

1.ファイル形式変換を確認する設定とする
「ファイル」→「オプション」→詳細設定
17-sasikomi18-sasikomi

詳細設定で「全般」にある「文書を開くときにファイル形式の変換を確認する」にチェックを入れて、「OK」
19-sasikomi

2.ファイル変換方式を設定
2-1 差し込み文書作成を開始
「差し込み文書」タブ→「差し込み印刷の開始」→「レター」4-sasikomi

2-2 使用リスト選択「宛先の選択」→「既存のリストを使用」5-sasikomi


2-3 ファイル選択
エクスプローラ画面が開くので該当のエクセルファイルを選び、「開く」6-sasikomi

2-4 データファイル形式をMSエクセルワークシートとする
データファイル形式確認画面がでるが、該当が無ければ「すべて表示」にチェックを入れ、すべてを表示させる
すべて表示

表示されたファイル形式から「Microsoft ExcelワークシートDDE」を選んで「OK]エクセルを選んでOK

範囲名またはセル範囲は、ワークシート全体、「OK]9-sasikomi

3.差し込み文書作成
3-1 挿入箇所にカーソルを置き、データ差し込み3-sasikomi10-sasikomi

3-2 挿入結果を確認
「結果のプレビュー」から確認
11-sasikomi

差し込みは、基本的に元のワード文書の書式で挿入される

お金の3桁区切りとか数量の単位はエクセル書式が引継がれるが、そのほかはワードの書式となる
1-sasikomi

セル書式の反映されないもの
※ 条件付き書式で設定したセル強調表示など
反映されない

※ セルの書式で設定したフォントや色など
2-sasikomi

カテゴリー: エクセル, ワード, Office(オフィス) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中