原稿用紙のテンプレートを作る(LibreOffice Writer)

ワードでは原稿用紙は簡単に作れますが、LibreOffice でもとても簡単です。400字詰の原稿用紙を作成し、テンプレートに登録しておきましょう。
23-libreTemp36-WordTemp


【LibreOffice で原稿用紙(400字)を作成する】

1.メニューの「書式」→「ページ」
20-libreTemp

2.ページスタイルを原稿用紙に設定
開いた「ページスタイル」画面で、「ページ」タブをクリック用紙設定の「向き」横、テキストの方向を「右から左へ」。余白の「上」と「下」を1.5cmとする
21-libreTemp

3.行数と文字数を設定
次に「行数と文字数」タブを開き、グリッド線で「行数と文字数を指定する」として、行数と文字数を20とする。罫線表示は「罫線表示する」と「罫線を印刷する」にチェックを入れ、グリッド線の色を設定する(ここでは暗緑とした)。
22-libreTemp

4.テンプレートとして登録
開いた原稿用紙画面で、メニューの「ファイル」→「テンプレートとして保存」をクリック
24-libreTemp

テンプレートマネージャ画面で、保存をクリック。ファイル名を付けて「OK]
25-libreTemp 26-libreTemp

5.原稿用紙テンプレートを使う
メニューから「ファイル」→「新規作成」→「テンプレート」
27-libreTemp

「テンプレートマネージャ」画面に表示されている「原稿用紙400字」をクリックして開く
28-libreTemp 23-libreTemp

<ご参考>
ワードで原稿用紙作成
リボンの「ページレイアウト」→「原稿用紙設定」
30-WordTemp

開いた「原稿用紙設定」画面で、「マス目付き原稿用紙」、「罫線の色」、
ページで「用紙サイズ」から「横」として、「OK」。原稿用紙ができる。
31-WordTemp 32-WordTemp

なお「ページレイアウト」リボンに「原稿用紙設定」が表示されてない場合は、オプションから「原稿用紙」アドインを設定する。
38-WordTemp37-WordTemp

カテゴリー: ワード, LibreOffice, Office(オフィス), Writer タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中